広島県立障害者リハビリテーションセンター

Powered by
Google

広島県立障害者リハビリセンターは障がいのある人びとが豊かに暮らせるよう,質の高い信頼される医療・福祉の提供に努めます

トップへ総合相談交通アクセス求人情報医療機能情報
若草園 採用案内
私のナースライフ
所長ごあいさつ センター長ごあいさつ 医療技術部 若草園
概要 外来診療について 機能回復訓練部 若草療育園
各種指定状況・施設基準 各診療科紹介 看護部 あけぼの
調達情報 手術実績 総合相談部門 スポーツ交流センター
学会・研修情報 入院案内と面会について 栄養管理部門 高次脳機能センター
研究活動    院内のご案内        
 
脊椎外科
人工関節
手の外科
膝の外科
トップ ≫ 若草園 ≫ 通園について

医療体制
小児科医師3人および整形外科医師を中心に療育を行っています。感染症やけいれんなどに対しては小児科医師が、訓練指示および股関節脱臼や側弯症などに対しては整形外科医師が対応しています。整形外科的には月に一度の総合回診にて運動発達の状況、関節の可動性、脱臼の有無、側彎の有無等をチェックしています。また、装具や車椅子 の処方や適合状況の判定も行っております。

看護体制
学齢・個別指導
年度当初に個人毎に保護者,学校担任,園職員(看護師,支援員,リハ科)の三者にて懇談を行い,一年間の目標を設定し、みんなでこの目標に向かうようにしています。そして年度終わりには学校,園で一年間の評価・反省等の話し合いを持ち,来年度への申し送り事項の確認を行います。
食事摂取の特に難しいケースについては食事指導と定期的な評価をおこない,姿勢やスプーンについても指導をおこないます。

行事
季節の行事と誕生会は昼食の時間を利用しおこなった。お花見・親子クッキング・クリスマス会・お別れ会は保護者同士の親睦を図る場として,また家庭での様子を知る場として,親子での参加行事として行います。

家族支援
夏休み,春休み(長期休暇)には,保護者同伴での外出プログラムや、園での一日個別プログラムを計画して行います。あまり経験することがない公共交通機関を利用しての外出は保護者,園児にも好評のようです。

ショートステイ
母親が就労されているご家庭では,ショートステイを利用されたり、送迎サービスを利用していただくことも出来ます。また中学部,高等部の入園者に対しては自立(親子分離)や介護の軽減を目的としたショートステイの利用やヘルパーなど在宅支援サービスの利用を勧め,情報提供を行っております。

     |広島県福祉事業団プライバシーポリシーサイトマップリンク集お問い合わせ
広島県立障害者リハビリセンター概要医療センター受診案内部門紹介医療機能情報私のナースライフ
脊椎外科について人工関節について手の外科について膝の外科について求人情報(看護師求人、ほか採用案内)
Copyright (C)2008 広島県立障害者リハビリテーションセンター All right reseved  produced by FARO