広島県立障害者リハビリテーションセンター

Powered by
Google

広島県立障害者リハビリセンターは障がいのある人びとが豊かに暮らせるよう,質の高い信頼される医療・福祉の提供に努めます

トップへ総合相談交通アクセス求人情報医療機能情報
あけぼの 採用案内
私のナースライフ
所長ごあいさつ センター長ごあいさつ 医療技術部 若草園
概要 外来診療について 機能回復訓練部 若草療育園
各種指定状況・施設基準 各診療科紹介 看護部 あけぼの
調達情報 手術実績 総合相談部門 スポーツ交流センター
学会・研修情報 入院案内と面会について 栄養管理部門 高次脳機能センター
研究活動    院内のご案内        
 
トップ ≫ あけぼの ≫ 施設概要
ごあいさつ
宮下先生「あけぼの」は,病院での治療や急性期のリハビリを終了したものの障がいを有し,自立や社会生活への復帰が達成されていない方々に対して,病院より少し長い期間をかけ,生活や復職に密着した訓練を行う施設です。平成19年4月からは,障害者自立支援法に基づいた多機能型障害者支援施設として新事業体系に移行しました。それぞれの利用者の方々に対応した個別支援計画,効率的支援を目指し,みなさま方がもとの生活へ戻るお手伝いをさせていただきます。

目的
主に身体障害と高次脳機能障害を有する方に地域生活や就職等の自立に向けた様々な専門的なサービスを提供するとともに,絶えず介護等を必要とする重篤な障がいのある方には豊かで潤いのある生活を提供し,新たな生活の場や地域生活の可能性を探る等のサービスを提供する施設です。

歴史
「あけぼの」は,社会福祉基礎構造改革により,前身の昭和43年開設の重度身体障害者更生援護施設「あけぼの寮」と,昭和26年開設の肢体不自由者更生施設「肢体障害者更生指導所」とが平成15年4月に一本化され誕生した施設です。その後,指定管理者制度への移行や障害者自立支援法における新事業体系移行を契機に,平成19年4月に広島県立障害者リハビリテーションセンターあけぼのと名称変更し,新たに障害者支援施設として運営を開始しました。

理念
1日も早い自立と社会復帰を願って,質の高い信頼される支援サービスの提供に努めます。

基本方針
 1)関係機関と連携して,障がいのある人の自立と社会復帰を推進します。
 2)利用者の人格・人権を尊重し,利用者の立場に立った支援サービスを提供します。 
 3)情報提供と十分な説明を行い,安心と信頼の支援に努めます。
 4)知識と技術の向上を常に心がけ,支援サービスの質の向上に努めます。
 5)業務の効率化に努め,健全な施設経営を目指します。


     |広島県福祉事業団プライバシーポリシーサイトマップリンク集お問い合わせ
広島県立障害者リハビリセンター概要医療センター受診案内部門紹介医療機能情報私のナースライフ
脊椎外科について人工関節について手の外科について膝の外科について求人情報(看護師求人、ほか採用案内)
Copyright (C)2008 広島県立障害者リハビリテーションセンター All right reseved  produced by FARO