広島県立障害者リハビリテーションセンター

Powered by
Google

広島県立障害者リハビリセンターは障がいのある人びとが豊かに暮らせるよう,質の高い信頼される医療・福祉の提供に努めます

トップへ総合相談交通アクセス求人情報医療機能情報
医療センター受診案内 採用案内
私のナースライフ
所長ごあいさつ センター長ごあいさつ 医療技術部 若草園
概要 外来診療について 機能回復訓練部 若草療育園
各種指定状況・施設基準 各診療科紹介 看護部 あけぼの
調達情報 手術実績 総合相談部門 スポーツ交流センター
学会・研修情報 入院案内と面会について 栄養管理部門 高次脳機能センター
研究活動 院内のご案内        
 
脊椎外科
人工関節
手の外科
膝の外科
トップ ≫ 医療センター受診案内 ≫ 各診療科紹介 ≫ 整形外科 ≫ 手の外科・関節リウマチ科
リウマチによる手指変形,肘関節の機能障がいに対して,関節形成術,腱移行術,関節固定術などを行い,リウマチ肘の人工関節手術も行っています。また,腱鞘炎に対する手術や,手関節の鏡視下手術など高度の熟練を要する手術も,専門医のもとに行っています。


■ 手の外科とは
手術 水関先生

手の外科とはいわゆる,肩から下の部分,うで,ひじ,手首,指などの上肢全体を専門とする分野です。「手」は複雑な人間のからだの中でも特に繊細な構造を持っています。手や指には繊細な知覚があり,複雑な情報のやり取りを脳との間に行っています。複雑な構造をした骨・関節とそれを取り巻く筋肉や腱,神経,血管がぎっしり凝縮されているため,ほんの小さな怪我でも,不自由な思いをされた方が多いと思います。手の外科とは,従来の整形外科の分野から特に手の特殊性に精通し,様々な機能障がいに対して外科的に取り組んでいる専門性の高い分野です。

手の外科は大きく二つに分けることが出来ます。急性期(一般的なケガ)の治療と慢性疾患(リウマチ・神経性疾患・変形など)の治療です。当センターの手の外科は慢性疾患を得意としてます。慢性疾患は手術をすることで「現在の状態より良くなる」ことがある程度予測できないと,手術をする意味がありません。この判断は手術実績の積み重ねによる経験と,この経験を基にした学術的な裏づけによって行います。当センターでは日本手の外科学会の専門医を中心に年間300例前後の上肢に関する手術を行ってきた過去の実績を元により正確に患者さまそれぞれの慢性疾患の病態へ対応しております。
当センターの性格上,リウマチ患者の上肢再建術を多く行っています。リウマチによる手指変形,肘関節の機能障に対して,骨膜切除術関節形成術,腱移行術,関節固定術などを行い,リウマチ肘の人工関節手術も行っています。その他の神経障害,腱鞘炎に対する手術や,手関節の鏡視下手術など高度の熟練を要する手術も行っています。


     |広島県福祉事業団プライバシーポリシーサイトマップリンク集お問い合わせ
広島県立障害者リハビリセンター概要医療センター受診案内部門紹介医療機能情報私のナースライフ
脊椎外科について人工関節について手の外科について膝の外科について求人情報(看護師求人、ほか採用案内)
Copyright (C)2008 広島県立障害者リハビリテーションセンター All right reseved  produced by FARO