広島県立障害者リハビリテーションセンター

Powered by
Google

広島県立障害者リハビリセンターは障がいのある人びとが豊かに暮らせるよう,質の高い信頼される医療・福祉の提供に努めます

トップへ総合相談交通アクセス求人情報医療機能情報
部門紹介 採用案内
私のナースライフ
所長ごあいさつ センター長ごあいさつ 医療技術部 若草園
概要 外来診療について 機能回復訓練部 若草療育園
各種指定状況・施設基準 各診療科紹介 看護部 あけぼの
調達情報 手術実績 総合相談部門 スポーツ交流センター
学会・研修情報 入院案内と面会について 栄養管理部門 高次脳機能センター
研究活動 院内のご案内        
 
脊椎外科
人工関節
手の外科
膝の外科
トップ ≫ 部門紹介 ≫ 機能回復訓練部 ≫ 理学療法科
理学療法室の体制
理学療法科医療センター理学療法室は主に医療センター1病棟・2病棟の入院患者さまと,外来で来られる患者さまの理学療法(リハビリテーション)を行っており,9名の理学療法士・水治助手1名が対応しています。
医療センター1病棟での主な理学療法
1病棟では整形疾患の手術目的で入院されている患者さまが対象となることが多く,人工股関節置換術,人工膝関節置換術,脊椎狭窄症などの脊椎疾患,スポーツ障害の方など,急性期の患者さまの術前・術後のリハビリを行っています。整形外科の術後の患者さまは回復の度合いや適性によって,松葉杖・ロフストランド杖・歩行器・歩行車・T字杖など様々な歩行補助具を使用して,歩行練習を行います。

患者さまが使用する車椅子のフィッティング(→シーティングと言います。)も行います。術後の一時的な使用から常用される方まで様々ですが,とくに常用される方の車椅子については,業者と共に機種の選択・採型・調整を入念に行います。

医療センター2病棟での主な理学療法
2病棟ではリウマチ・脳血管障がい・脳性まひ・脊髄損傷などの患者さまに対して,主に身体機能面の回復や残された機能の強化を目的にリハビリテーションを実施しています。定期的に医師・看護師・ソーシャルワーカー・リハビリスタッフとのカンファレンスで連携をとり,個々の患者様に合わせた目標設定・理学療法プログラムを組み,家庭・社会復帰を目指します。重度のリウマチ患者さまなどで病棟内を手動車椅子で移動することが難しい方については,電動車椅子の貸し出しを行い,その際の駆動練習も行います。

理学療法士の主な仕事
当センターでは理学療法士は『ベッドから起き上がる』『ベッドに坐る』『車椅子に乗り移る』『車椅子を駆動する』『ベッドから立ち上がる』『歩く』『階段の昇り降り』という身体の移動に関わる基本的な動作に主にアプローチします。また,このような身体活動を阻害する『筋力低下』『関節拘縮』『末梢神経麻痺』『中枢神経麻痺』などに対して,徒手療法(ストレッチ・マッサージ・モビリゼーション他)による柔軟性の改善や抵抗運動(徒手による抵抗・重錘バンド・ゴムバンド他)による筋力強化,徒手での運動誘導による随意運動の促通などを実施します。このような身体機能の改善を試み,上記のような基本動作の再学習にも取り組みます。

プログラムは個々の患者さまの状態に応じて,メニューを選択したり,変更したりします。適切なプログラムを組むために,患者さまの状態を評価します。『評価』には『関節可動域』『筋力測定』『バランス評価』『動作分析』などがあり,これらに他職種の評価や情報を得て,判断します。

他の専門職との連携
『基本動作』の練習はまずリハビリ室(理学療法室)にて行い,実用性が上がると病棟内での日常生活に反映させます。これには病棟ナースとの連携が必要で,カンファレンスや日常的な申し送りにより情報の伝達を行っています。
最終的には退院先(家庭や施設)での環境に合わせた日常生活動作の獲得や環境設定が必要になります。このため,必要な方には退院前訪問を行い,住宅改造や福祉用具の導入についてアドバイスします。この際も作業療法士や医療ソーシャルワーカーと連携して行います。



     |広島県福祉事業団プライバシーポリシーサイトマップリンク集お問い合わせ
広島県立障害者リハビリセンター概要医療センター受診案内部門紹介医療機能情報私のナースライフ
脊椎外科について人工関節について手の外科について膝の外科について求人情報(看護師求人、ほか採用案内)
Copyright (C)2008 広島県立障害者リハビリテーションセンター All right reseved  produced by FARO